相互リンク@のアクセスアップ

相互リンクタイトル

SEOとSEM

検索エンジンを利用して、自社のサイトにユーザーを効率的に誘導するには正しくキーワードを選ばなくてはいけません。

そこで、再度正しいとは何か?についてですが。

その選んだキーワードのニーズが在ることと、その検索コンセプトが、サイトで提供している情報と合っている事です。

検索エンジンで1位表示をずっとしているキーワードがあったとしても、世界中でそのキーワードで検索する者がいなければ、上位に表示させる意味もありませんし、自己快楽です。

要するに、電気屋が「居酒屋」などのキーワードで1位に表示されても、利益には一切繋がらないという事です。

検索ワード

ユーザーが同じ商品やサービスを求めていても、検索するときに使用するキーワードは、みんな色々で違います。

例えば、ソファーを購入しようと思っている人が全員「ソファー」で検索しているわけではありませんし、「ソファー」という文字検索だけで購入しているわけではありません。

消費者の行動を見てみると、「革 ソファー」「激安 ソファー」「高級 ソファー」だったり、同じものを求めていても、検索する人によって色々です。

同じよう、ソファーで検索した人の行動を追っていくと、ソファーで検索した後に激安ソファーで検索し、さらに他社と比較して、発送の事を考え地域で検索して・・・。

といったように、最終的に購入に至るまでには何度も検索していることが分かります。

認知と信頼

以上の事を考えると、自社の商品を理解や認知してもらい、さらには信頼を深めることで、自社を指名してもらえるようになるわけです。

これからは、検索回数が多いワードだけではなくて、検索回数は少なくともユーザーに利用してもらえるワードにも視点を向けていく事が必要になると思います。

多くの人は、キーワード検索回数が多いワードを中心に対策を立てがちですが、マーケティングで見るものは、数字だけではなく使用者です。

もちろん数字も大事ですが、今後は、ネットビジネスで検索回数の多いワードだけを見ていたり、順位だけを見るのではなく
しっかりと事業目標を達成させるためにも、こういった捉え方で考え続ける事が必要だと思います。